日本の文化

印の文化は他のアジア圏を除いた文化圏でも類似する文化としてモニュメントやレリーフなどがありますが、アジア圏の「印」文化とは、手持ちが容易かつ、尚且つその意味合いが「個人を明確に示すサイン代わり」という文化思想と文化概念の色濃くあるものでもあります。 そして現代社会の日本でも印鑑などの形で文化が残っています。 その印鑑は朱肉やハンコなどの形で色々ありますが、今回の記事の題材は「実印」というモノになります。 この実印というのは、日本で意味するのは戸籍上の姓名をハンコで登録した印鑑の事を言い、これが意味するのは銀行などの正式な場で使われる重要な印鑑であるという事です。

実印とは、オーダーメイドが出来ます。 そしてそれは正式な形で色々な銀行口座などで使う、現代的に言えば一種のパスワード代わりになるアイテムであり、そして盗難に遭うのは非常に危険なアイテムでもあり、いわば銀行通帳の要素を持つ物でもあります。 実印とは、それだけ重要な価値のある物でもあります。 いわば公的な身分証明の1つにまでなりえる訳です。 そして実印とはオーダーメイドで作る事ができ、それを新たに実印として届出したりする事で使う事も出来ます。 これは、わざとオーダーメイドして、普通の市販の印鑑にはない彫刻印を用いる事で、市販の流用からの通帳などへの第三者の悪い介入を防ぐ目的などがあります。